調剤薬局とドラッグストアの求人を比較して選んだ病院薬剤師の転職

ドラッグストアはスーパーやコンビニで働くのと同じイメージ

一方、給料についてはあまり参考になる情報がありませんでした。
最低ラインでみれば大差はないものの、経験を考慮と記載されているので病院薬剤師としての経験がどれだけ評価されるかは想像もできなかったのです。
この時点で生活リズムを重視したいという希望を叶えるにはドラッグストアよりも調剤薬局の方が良いという気持ちが強くなりましたが、さらに業務内容を比較してみて気持ちが固まりました。
調剤薬局では調剤や医薬品情報管理が基本であり、病院薬剤師として働いてきたときの状況から病棟での点滴や注射などの調剤がなくなるだけだという印象を受けたのです。
それに対してドラッグストアでは商品一般の管理業務も含まれていたので、スーパーやコンビニで働くようなイメージを持たなければならないとわかりました。

生活リズムを安定させるために転職を決意ドラッグストアはスーパーやコンビニで働くのと同じイメージ調剤薬局は残業が多い?!勤務条件を吟味すれば薬剤師として長く働くことができる